資格情報一覧

まだ間に合う!今から押さえておきたい資格情報一覧

日本や世界には資格がたくさんあります。特に近年は資格取得がブームになっており、マイナーな資格まで注目を集めています。ここでは数ある資格について詳しく解説したり、問題を提供しています。

NEW TOPICS

2015.12.15
サイトプレオープン
2017.11.5
世界遺産検定を追加

このエントリーをはてなブックマークに追加

資格について

通常「資格」と呼べる物は法令に基づく免許試験に合格又は規定により受験免除した者或いは、所定の養成施設卒業者等に与えられる免許(状)又は登録資格(業務独占資格又は名称独占資格)のことをさします。

その取得方法が民間通信教育を利用して取得可能な「資格」というくくりはなく、「民間技能検定」又は「民間技能認定」と呼ばれる物であり、民間実施する検定又は認定試験に有っては、在宅或いは試験実施会場受験何れも合格実績は同等なのです。

資格の種類について

国際資格:国家間で認めた資格

国家資格
法律に基づいて国が実施する試験等により、個人の知識や技能が一定の段階以上に達していることを行政が確認し、その結果として行政のその権限に基づいて一定の行為を行うことを許可するもの。

法律に根拠があり、主に省庁や大臣の指定した試験機関が行う資格試験または講習で取得できる資格です。

また一部、県知事の認証によるものもあります。法律や施行規則、通達等により権利および義務、罰則等を規定しています。司法試験、司法書士、税理士、宅建、薬剤師、看護師、危険物取扱者、調理師等。

公的資格
国家資格と民間資格の中間に位置付けられ、主に省庁が認定した審査基準を基に、民間団体や公益法人の実施する試験で与えられる資格のこと。

主に日本商工会議が主催する検定試験や、文部科学省などの省庁が後援する検定試験の一部、日本下水道事業団など法律に規定される国に準ずる団体が行う資格試験です。

日商簿記、日商珠算能力検定、販売士検定、下水道技術検定、等。

民間資格
民間団体や企業が、独自の審査基準を設けて任意で与える資格。法規制がないので、上は業界によっては一定の能力担保がされていると認知されている資格から、下は「資格商法」で与えられるような社会的な評価のほとんどない物まで、さまざまなものが存在する。

国家・公的以外の資格です。財団法人や社団法人、NPO法人などの他、民間企業や教育学術団体、出版社、等が独自に開発し、実施している物も多くあります。また外国の語学などの検定も入ります。


資格取得のためのオススメ勉強方法

資格取得は多くの社会人にとって身近な話だと思います。仕事で必須だったり、スキルアップのためであったりいろいろな目的があると思いますが、働きながら資格を取得するのは大変です。そこで、お勧めの計画の立て方を紹介します。

まずは試験日を調べ、試験を受ける日を決めます。期日を決めずにダラダラと勉強するのはやめてください。時間とともに知識は抜けますし、モチベーションも続きません。短期間で取得するのが理想です。

次に、試験を受けるまでの長期的な目標を決めます。具体的に決めましょう。例えば3か月後に試験があるとしたら、「この問題集1冊を2通りこなし、予想問題で8割の点をとる」というのを最終目標にするのもいいでしょう。

さらに、その目標を達成するための月ごとの目標を決めます。勉強期間が3か月なら、最終目標を3で割ります。先ほどの問題集が150ページなら、2通りこなすためには1か月100ページやる必要がありますが予想問題もやらなければならないので、「1か月120ページ」という目標にするといいです。

最後に、それを30で割り1日の目標を決めます。1か月120ページなら1日4ページやると目標クリアとなります。

しかし、気をつけなければならないことがあります。それは「計画通りにいくはずがない」ということです。社会人なら残業もあれば飲み会もあります。

よって、計画は余裕を持って1日4ページではなく5ページと設定した方がいいです。1日くらいできない日があっても気にすることはありません。他の日に頑張ればいいのです。ただ、週末には帳尻を合わせるようにしましょう。この例でいくと1週間で28ページ。決して無理な量ではありません。

いろいろ書きましたが、大切なことは逆算して計画を立てることと、やる気を失わないよう工夫することです。資格の勉強をするときに参考にしてください。



目標を立てて資格取得に臨む勉強方法

不況が続く近年、就職活動の一環として資格が注目されています。経理や事務でいえば日商簿記やIT系でいえばITパスポート、基本情報などといった様々な資格が存在します。

しかし、この資格ですが、ある程度の心構えと勉強法を知らずに受けると簡単に不合格になります。というのも、実務や専門で勉強されてきた方なら少しの勉強でなんとかなりますが、経験の浅い方がいきなりやると単語の定義の理解からはじまるからです。

そのため、資格を取る際にはある程度の心構えと勉強法を知らなければなりません。まず、資格の勉強をはじめる前は、1日何時間は勉強する、といった目標を定めます。勉強をするという習慣をつけないと誰であろうとすぐにやらなくなるので、意外にここが一番重要だと思います。

次に勉強方法ですが、参考書、問題集を1冊ずつ買ってきて、それ意外は絶対に使わないことです。よく何冊も参考書を買う人がいますが、1冊で十分です。あとは各単元ごとに解説を理解して、問題をやる、間違いを直す、という手順でひたすら勉強します。

最終的に理解しないといけないのは問題の答えではなく、考え方が重要です。単語や公式はパズルのピースみたいなもので、ないと困りますけど、答えではないといったものなので、考え方に重点を置いて勉強するとあっさり点数が上がっていくものです。

何時間も勉強してるのに、何回やっても不合格になってしまう、という方は一度このような勉強法でやってみたらあっさり合格できるかもしれません。


資格を手に入れるだけではダメ

ただ、資格というのは、義務教育で受けてきた試験にも言えることですが、試験に合格するための勉強で終わっては意味がありません。資格を取得するのはあくまで途中のステップであってそれをどのように仕事に生かせるか、で初めて履歴書の資格欄が威力を発揮します。

よい例としてあげるのがカラーコーディネータです。今年の実績を調べたところ、自分が持っている級は合格率が5割を越えたところで、相変わらず厳しいなと思いました。

カラーコーディネータというのは、仕事だけではなく、日常生活にも大いに活用できます。例えば今まで化粧品や洋服を選ぶときなど、店員さんの言いなりになっていたものが、自分で正しい色を選べるようになるのです。

この資格だけでなく、学習や勉強というのは自分を高める以上に、経費をはっきりと節約することができる手段なのです。