レタリング技能検定でデザイン感覚が大きな要素に

レタリング技能検定でデザイン感覚が大きな要素に
情報化社会の今、私たちは新聞、雑誌をはじめ、数多くの文字情報に取り囲まれて生活している。

レタリングとは、それらの文字のなかでも街角のポスターの文字、新聞や雑誌の見出し、書籍のタイトル、会社名や商品名の指定文字(ロゴタイプ)、さらにはテレビや映画のタイトルや出演者名などの書き文字、デザイン文字を描く仕事である。

いかに人の関心をとらえ、バランスのとれた美しい文字、そしてその媒体に合った効果的な文字を描くかが勝負だ。それだけに個性を活かすにはふさわしい職業である。

文字には漢字、カナ文字の明朝体、ゴシック体、アルファベットのローマン体、イタリック体などいろいろな種類がある。まずこれらの書体の基本(基本文字)を定規を使わずにフリーハンドで書くことが第一歩となる。

次に注文に見合った文字をデザインすること。そのためには、つねに創造的な感覚を磨いておく必要がある。最も高いレベルは、半永久的に使われる社名や商品名のロゴタイプのデザインであり、長く作品として残ることになる。

資格取得概要
取得方法 開実務技能検定協会が実施する検定試験に合格する。この検定は文部省の定める「レタリング技能審査基準」にもとづいているので公的資格といえる。

受験資格 とくに制限はない。試験内容 知識と技術の試験がある。

〈一級〉知識は、①レタリングに関する造形理論の基本を理解していること、②タイポグラフィーの知識を理解していること、③ コミュニケーションにおけるレタリングの役割を理解していること、④色彩。印刷に関しての知識を備えていること。

技術は、① ロゴタイプ、タイプフェース、カリグラフィー(東洋の書道も含む)などレタリング技術を身につけていること、②文字の色彩的な表現ができること、③タイポグラフィーを的確に指示、指定することができること。

〈三級〉知識は、①常用漢字字体表に示されている字体(原字)を正しく理解していること、②基本の書体を理解していること、③国語の用字・用語に対する基礎的な知識を備えていること、④レタリングに必要な用具。用材の基礎的な知識を備えていること。

技術は、①指定された基本の書体(漢字。かな文字の明朝体・ゴシック体・ローマ字のローマン体・サンセリフ体およびアラビア数字)の文字を、手本なしで一定時間内で表現できること、
②レタリングをするための初歩的な描線技術が身についていること。
なお、2級。4級はこれに準ずる。

試験日・試験地 例年6月上旬、札幌、仙台、秋田、新潟、東京、名古屋、大阪、岡山、福岡など全国の主要都市で実施されている。
この記事を見た人は、一緒にこんな記事も読んでいます!


メニュー表示