勉強でわからない時の対処法は自分で解決するか他人の力を借りる

困ったら紙に書いてみる
さあ、計画を立てました!しかし、いざ勉強を始めると、誰でも必ずわからないところが出てきます。ここでは、そんなときの対処法を説明しましょう。

まずひとつめが自分だけで解決する方法、そしてふたつめが、他人の力を借りる方法です。前者の場合について説明します。
何かが理解できない原因は、たいてい次のどれかです。

①頭の中だけで考えている
②抽象論だけで考えている
③わからない部分だけフォーカスしている


①の場合の処方は簡単です。紙に書く。これだけです。いまわかっている部分と、わかっていない部分を文字にします。たったこれだけのことですが、効果のほどは、実行した人にしかわかりません。

②の場合も簡単で、その逆の具体例を考えたり、見つけたりすることに集中しましょう。
抽象概念に対応する具体例があれば、その内容を理解することはむずかしくないはずです。

理解できない部分が出てくるとドツボにはまる人は、わからない部分にしか視野を向けることができず、③に陥りがちです。それを避けるには、当然わかっている部分にも目を向ける必要があります。①、②の処方を実行すれば、これも解決するはずです。

ノートを読んでいてわからないところが出てきたら、余白の部分に図を描いたり、他の参考書などから具体例を探したりして書き込みましょう。それだけで、頭の中だけで考えているときより、相当な時間のロスを減らすことができるはずです。

質問力をつける
今度は、他人の力を借りる方法です。といっても、むずかしいことではありません。質問上手になる。ただそれだけです。質問の手段はメールでも、直接人に会って聞くのでも、差はありません。

質問上手な人がいました。センター試験の選択科目についての
質問でしたが、ここにその一部を紹介します。

「自分は国立の文系志望なのですが、センター試験の理科で化学を選択しています。高校でも化学の授業をとっています。ですが、生物のほうが短期間で得意にできると聞きました。

また、センター試験の結果はそれほど重視されておらず、二次試験の勉強に時間を使いたいので、理科に時間をかけられません。高得点は必要ありません。そこそこの点数がとれれば十分です。生物に変更しようかと迷っています。どうすればいいでしょうか?」

たいしたことはないな、と感じた方もいらっしゃるかもしれません。しかしこのメールは、質問される側にとって最低限必要な情報がすべて含まれています。これで十分なのです。
では、質問される側にとって最低限必要な情報とは何でしょうか?3つあります。

①ゴールどんな情報がほしいのか?
②スタート地点いまの自分の状態(成績、志望校など)
③自分の意見自分はこう考えている


この3つを具体的に聞くことです。質問するときに、このことを意識して相手に伝えさえすれば、あなたのほしい情報は確実に手に入ります。先ほどご紹介したメールをあらためて見てみましょう。この中には、3つの情報がすべて盛り込まれています。


①ゴール
・センター試験で生物と化学のどちらを選択すればいいかを知りたい
②スタート地点
・国立の文系志望
・二次試験重視の学校を受験すること
③自分の意思
・「生物のほうが短期間で得意にできると聞きました。また、センター試験の結果はそれほど重視されておらず、二次試験の勉強に時間を使いたいので、理科に時間をかけられません。高得点は必要ありません。そこそこの点数がとれれば十分です。生物に変更しようかと迷っています」

質問するときに、この3点をしっかり伝えるよう心がけましょう。質問上手になると相手の印象もいいので、質問した以上の情報をもらえるかもしれません。友達や先生に質問をするときにも役に立つはずです。
この記事を見た人は、一緒にこんな記事も読んでいます!


メニュー表示