資格は自分に価値がある今後需要があって有利なものを選ぶ!

資格は、その後どれだけ、その資格で稼げるか?を基準に選ぶと良いです。資格は、考えもなしに選ぶべきではないです。その資格を取ることでどれだけ稼げるかを基準に選ぶべきです。

例えば、人気の資格とか書かれているのはそれだけその資格を取る人が多いため、その資格の価値が少ないです。資格を取る人が少なく、かつ資格の需要性が高いことがその資格の価値を産むと考えます。

そのため、資格を取りどのようなビジネスに活かすかを考えるべきです。そして、資格の試験料と稼げる額の差が大きいほど、その資格を取るに値すると考えられます。

そのためには、ビジネスのトレンドと今後の需要を考えないといけないです。ならば、通信講座がある資格はあまりお薦めできないということが言えます。

何故なら、通信講座があるということはその資格はすでにトレンドの末期にあると考えるのが妥当だからです。それだけ、その資格を取りたい人があるためにその資格講座が出来たと考えるべきです。そのため、その資格は需要を大きく超えた数の人が取った可能性が高いからです。
つまり、資格講座が無くて、今後ビジネスチャンスがある資格にこそ価値があると言えます。


転職に資格は大変重要な要因となります。自分の好きな資格を習得して楽しんで素敵な人生を送っていく事は大変重要です。最近では就職や転職においてスキルの証明として資格保有者が優遇される傾向があるので、この点を鑑みても資格の取得は大変有効な手段となっていきます。

自分らしい資格の勉強をきちんと確立して楽しんで学習を継続して収入とやり甲斐の双方をきちんと入手していきましょう。

就職や転職の面接の際にも資格の有無は必ず聞かれますので、事前に取得に至った経緯や、その資格を保有している事で今後、その会社でどのような業務を頑張っていきたいかは明確に答えられるようにしていきましょう。

多くの方にとって資格は大変有効な手段です。その分野を実務経験を行なう前に学習を行なう事で本当に自分に向いているかどうかの確認もできます。

自分らしい素敵な学習を継続していく事が大変重要です。仕事を行いながらの学習は難しいと思いますが普段から少しでも継続して学習を行っていく事で楽しんで未来の自分に対して素敵な夢を持っていく事が可能となっていきます。

自分にふさわしい資格を選ぶことが大切

日本には、国家資格だけで1200種類以上あるという。そして現代の資格ブームを反映するように、公的な資格や民間資格も増え続けている。

終身雇用制度が崩れつつある現代において、これからますます資格が身を助ける時代に突入するであろうことは、想像にかたくない。

客観的な評価基準といえる資格は、そのままその人の実力を示す強い武器となるからだ。資格を持っていれば、就職や転職の際はもちろん、昇進や昇給にも有利に働くことは間違いない。

ではどんな資格を選べばよいのだろうか。どの資格を取得するかは、その人の生き方や人生設計にもよるだろう。いくら取りたくても学歴や実務経験などの受験資格制限で事実上取得が不可能な資格もある。

また、いくら人気資格でも、自分の生活や仕事にまったく役立たないのであれば取ってもしかたがないだろう。いくら資格取得がブームとはいっても忙しい現代人には、必要のない資格をアクセサリーのように取っている暇はないはずである。

ということは、このきら星のごとくある資格の中で、最も自分にあった資格、最も自分に有利な資格を選ぶことこそが、将来の自分のための第一歩ということになる。

資格ブームにのせられて迷わないためにも、自分の信念をしっかり持ち、自分にふさわしい資格を選ぶことが大切だ。 価値観の多様化する現代だからこそ、自分にぴったりの資格をとって自分の価値を高めたいものだ。

資格取得は空前のブーム
資格取得へのチャレンジが空前のブームになっている。
税理士、情報処理技術者などの堅い資格から、スポーツ・インストラクター、四級小型船舶操縦士の免許などレジャー関連の資格まで、専門学校や養成スクールは、いずこも定員いっぱいの盛況である。

資格試験とも、受験者の数はうなぎ登り。人気沸騰の宅地建物取引主任者の試験は、年々2万人、3万人といった異常な勢いで受験者が増え続けている。コンピュータ社会の寵児ともいえる情報処理技術者試験は、今では応募者が40万人を超え、国家試験のなかでは、自動車運転免許などに次ぐ、トップクラスの受験者数を集めるようになった。

とくに、このところ目をひくのが、 一般企業に勤めるサラリーマンの資格に対する熱意だ。プライベートタイムや、週末、長期のまとまった休暇を利用して資格取得の勉強に励むサラリーマンが激増している。 

一時、テレビCFの「5時から男」という言葉が流行語になったが、最近の「5時から男」は、5時から酒やマージャンにうつつを抜かすダメ男ではなく、5時から資格試験のための専門学校にせっせと通う受験族をさすらしい。


学歴よりも資格のほうがインパクトがある

少し前まで、日本は「学歴主義社会」とされてきました。
いや、今でも「有名大学に行けば、幸せになれる」と考えている人が、国民の多数派を占めていると思います。そもそも、「なぜ、学歴が重視されてきたか」というと、学歴がその人を客観的に評価する最も信頼できる基準とされてきたからです。

しかし、その「学歴主義社会」も、ライフスタイルや価値観が多様化してきた現在では、昔ほど重視されなくなってきました。
それを象徴するような言葉が「実力主義社会」です。つまり、「学歴+実力」という図式が、社会全体に浸透し始めているのだと思います。

しかも、社会人になれば、学歴は自分をアピールするのになかなか使えません。
まさか、自分の名刺に自分の出身大学を記載している人はいないでしょう。

また、何かの話の中でいつまでも自分の学歴にこだわっている人は、「学歴だけが自慢の人」というマイナスイメージから始まって、ひいては「仕事ができない人」という烙印を押されかねません。
学歴を評価する異性の目も変わってきています。

たとえば、若い女性に街角で「高学歴だけど、年収500万円の平凡なサラリーマンと、高学歴ではないが年収1000万円以上を稼いでいる独立士業のどちらの男性が魅力的だと思うか」をアンケートしたら、どうでしょう?

多くの女性が独立士業の男性に興味を持つ時代ではないでしょうか。
もちろん、独立士業が絶対に安定しているとは限りません。

しかし、その確率と同じくらい、いや、むしろもっと高い確率で何があるのか分からないのが、大半のサラリーマンが置かれている現状ではないでしょうか。

別に、独立して仕事をしていなくても、名刺に記載できるのが資格です。それだけでも、自分に与える第一印象が大きく異なるのが現実です。

この第一印象での自分のイメージを高めるために、資格を取得することだけでも、ビジネスの世界で生きている人には価値があることだと思います。
昔も今も、分かりやすい基準で、人を判断してしまうことは変わらないのです。

この記事を見た人は、一緒にこんな記事も読んでいます!


メニュー表示