資格試験合格のためにまずはじめにすることは情報収集

まず、敵を知ること
資格試験合格のための第一歩は、兵法にもあるとおり、「敵を知ること」である。

たとえば、これから受験しようと考えている試験が、合格者数および採用人員の枠が決まっている「競争試験」なのか、それとも合格基準点が設けられ、それをクリアした人が全員合格する狭義の「資格試験」なのかという性質の違いで、試験対策の練り方はずいぶん違ってくる

「資格試験」は、比較的、到達点を予測しやすい。たとえば、昨今人気の宅地建物取引主任者試験の場合、全部で50題出題され、そのうち70%以上の正解であれば合格と決まっている。

一方、「競争試験」では、その年の受験者のレベルによって合格最低点が上下するため、到達点が各種学校が実施する全国的な模擬試験にできるだけ参加し、自分がどのくらいの位置にいるのかを把握しておく必要があるだろう。

さらに、診療エックス線技師などのような、指定の学校や養成所を出ることが受験の要件になっている資格は、資格取得のために確実に年月を食うため、何年も前からの早めの準備が必要である。取得のためには、長い目をもった人生設計が求められるのだ。

さて、概要を知ったら、次は具体的な学習である。最初に勉強を進める段階では、過去に出題され問題にじっくり取り組むことで、かなりの傾向をつかめるだろう。場合によっては、そのままそっくり同じ問題が出題されることもあるし、そうでなくても、形を変えて出題されることは、しばしば見受けられる。

また合格者の多くは、「ひと通りの勉強が終わった後、過去の出題を解くことでその後の勉強にメリハリがついた」と異口同音に語っている。過去の問題に当たってみるのは、合格への道のりで、欠かせない準備といえるだろう。

あなたが目ざす試験の合格者に、直接会って、合格への体験談を聞くのも大切だ。資格試験の内容というのはかなり無味乾燥だが、合格までの道筋には合格者それぞれのドラマがある。そうした話は受験者を勇気づけるだろう。

また、「案外、試験場で欠席者が目立つので、倍率に惑わされないこと。気楽に受験すべきだ」「試験日はたいてい猛暑の最中なので、濡れタオルを持参する受験生が多い」といった話は、体験者にしかわからない「生きた情報」であるから、貴重である。

合格者だけが知っている試験のツボを聞き出すのも、非常に有益だ。もっとも、能力はもとより、経済条件、勉強可能時間など、置かれた条件は受験者各人によって千差万別である。

合格者のなかには苦しい受験時代のことなどいっさい忘れて、「いやぁ、毎日マンガ読みながら、楽々と合格にたどり着いたよ」などと話すものもいる。

その実、よく聞いてみると、会社を休み、1日平均10時間以上も机に向かっていたりすることもよくあるので、合格者の体験談をそのまま鵜呑みにしてはいけない。合格者に直接話を聞いたうえで、さらに市販の合格体験記に目を通し、合格者に共通しているものは何なのか自分なりに汲み取り、自分の状況に当てはめていくことが大切だろう。
この記事を見た人は、一緒にこんな記事も読んでいます!


メニュー表示