過去問が合格への最短ルート!資格試験問題で過去問を解くのは常識

過去問はなぜ重要か?
ところで皆さんは自身が受験しようと思っている試験の問題がどのように作られているのか考えたことがありますか。

実際に問題を作る立場になれば分かりますが、毎年同程度のレベルの問題を出すというのは非常に難しいことです。

また、試験の合格者としてどのような知識を持っている人が理想かを考えれば、たくさん出題する分野とあまり出題されない分野が自然とはっきりしてきます。また、出題者も限られた時間の中で作成するわけですから、新しい創意工夫の問題というのはどうしても少なくなってきます。

ほとんどの場合、問題を作成する人は過去にその試験で出題された問題を参考にして、同様のレベルで能力が問えるような問題を作り出していくのです。ですから、どの試験においても、何年かのサイクルで同じような問題が繰り返し出題されています。

過去問こそが合格するために最も適した教材だといえる理由があるのです。どのような試験であっても、過去問の征服なくして合格は望めません。事実多くの市販の教材も、過去問の出題傾向に応じて作成されています。


過去間は絶対に見る必要がある
さて、具体的に試験について知るために、過去間は絶対に見る必要があります。勉強法の本によっては「過去問さえ見れば大丈夫」という本まであります。

それでは過去間を見る際にどんなことに気をつければいいのでしょうか。まずは問題と解答を見比べて、勉強すれば解けそうかどうかという感覚をつかむことです。ここで絶対に解けそうにない、無理だと思うような試験であれば、まずはその試験を受験すべきかどうかをもう一度考えてみる必要があります。

次に「どのような力が問われているか」ということを見ます。「重要単語を記憶しているか」が問われているのか、「基本的な言葉の組み合わせ」の記述問題なのか、「何もないところから自分で考えて答えを出す」ことを問われているのかによって、勉強法が違ってきます。実際に出題された問題を見ることで、どのようなことが問われているかがわかり、自らが勉強する範囲や深さも判断することができます。

こういったことは、最初はよくわからないかもしれません。しかし少しずつ勉強を進めていくことでわかってきますし、事前に本番の問題の感覚を見ておくことで、勉強をしていく中で、どこまで深く学ぶか迷った際などの取捨選択の判断軸にもなります。

どのような範囲をどのような深さで、どのような方法で勉強するべきかを具体的に示してくれるのが過去問です。勉強する最終目的は試験に合格することであり、その基準を示しているものを参考にしない手はありません。

今の段階で過去問が解ける必要はありません。問題と解答も簡単に見ておくことで、自分の中でその試験に対する基準をつくることができるのです。過去問ほど示唆に富んだツールはないので、ぜひ活用してみてください。


選択肢単位の過去問演習が効果的
通常受験生の皆さんが実践されている過去問演習は、年度別の演習、あるいは「体系」順であっても問題単位の演習です。

これでは、出題の繰り返しを体感できるというレベルから見ると、まだまだ精度の低いものといわざるを得ません。繰り返し出題されている知識を把握するためには、過去問の「選択肢単位」の分析が必要です。

1つの問題が正解できても、全ての選択肢を正確な知識をもとに選別できたのでなければ、次に同じ知識が出題されたとしても正解できるとは限りません。

過去問が繰り返し出題されるといっても、正解肢が繰り返し出題されるとは限りませんので、不正解肢にも注意が必要です。この問題点を解決するには、「選択肢単位」で○×が判断でき、しかもその根拠が示せるようになっておく必要があるのです。

最近は多くの試験において、この選択肢単位の○×式問題集が市販されるようになりました。原始的かもしれませんが、このような方法で過去問を繰り返し学習すれば、試験に合格するための知識を、確実かつ最短の方法で修得できます。

この学習法は、本試験で出題された事項に絞って知識を身につけていくわけですから、過去問が繰り返し出題されるのなら、これ以上コンパクトでムダのない学習法はありません。皆さんも自分の試験勉強にぜひ採り入れてみてください
この記事を見た人は、一緒にこんな記事も読んでいます!


メニュー表示