公害防止管理者は企業の環境問題や工場の公害を管理する

公害防止管理者は企業の環境問題や工場の公害を管理する
環境に対する配慮は企業の社会的な責任 有資格者は厚遇される

煙や汚水、騒音、振動などの公害発生施設を持つ「特別工場」では、その工場の規模や区分に応じた公害防止管理者を最低2名は設置するように、法律によって義務付けられています。

このような法令からも、工場などの現場では有資格者が優遇
されています。また、近年環境問題に関心を示す企業も増加しており、その他の業界においても有資格者は自分の知識をアピールできる機会が増えてきました。

大気関係第1種、水質関係第1種、公害防止主任管理者まで取得するには越しませんが、現場での実務経験のない人にとって、合格はなかなか難しいため、就職・転職用には公害防止管理者のどの試験種でも十分アピールとなります。

独立開業まで狙える資格ではありませんが、企業内での昇進の評価の基準の1つでいたり、資格手当が支給されるなど、有資格者は確実に厚遇されています。

害を発生させる施設を持つ「特定工場」で、公害防止のために企業を監督する管理者を選抜する試験です。具体的には、企業内での生産計画への参与、行政との折衝、地域住民との折衝など、企業を代表してこれらの仕事にあたります。

試験の区分としては、「大気関係第1種~4種」「水質関係第1種~4種」「騒音関係」「特定粉塵関係」「一般粉塵関係」「振動関係」「公害防止主任管理者」、平成13年度より実施された「ダイオキシン類関係」の合わせて14種類に分かれています。

したがって、対象となる工場が発生させる公害の種類に合わせて試験を受けます。なお、特に大気第1種~第4種の有資格者は「特定粉塵関係」と「一般粉塵関係」工場の公害防止管理者にも選任される条件を持ちます。

「公害防止管理者」は国家試験を受験する方法のほか、試験実施団体が主催する講習を受講することによって取得することも可能です。

講習を受講するには一定の実務経験や技術資格が必要となりますが、技術士、薬剤師などの有資格者であれば、この認定講習の受講だけで本資格を取得できます。実際には、国家試験の受験が主流となっているようです。

90日で合格するための学習
主任管理者が大卒程度で実務経験5年以上、他の区分については短大卒又は高卒程度で、いずれも実務経験3年以上の実力が想定されています。

実施団体及び一般の出版社から過去何年かの試験問題が書籍として市販されているので、これを解きつつ、勉強を進めていくことになります。

実務を実際にやっている人のほうが有利になるような問題も出題されますので、仕事と直接関係のない大ほど、基礎知識の習得を怠らないでやっておいてください。

試験科目の中でも、特に法令関連科目は高得点を取りやすく、貯金を作れます。この分野の暗記を早めから行い、得点源にするのが合格への鍵を握ります。
この記事を見た人は、一緒にこんな記事も読んでいます!


メニュー表示