福祉住環境コーディネーターはこれからの高齢化社会に必要な資格

高齢化社会に適応した住環境への推進を図っていく資格
高齢者や障害を持つ人の福祉・医療・保健面と住宅改修・福祉用具といった各種の知識を持ち、専門家と連絡をとりながら、クライアントに適切な住宅改修プランを作成すること、また福祉用具や諸施策情報などについてもアドバイスすることが業務となります。

数年後に国民の4人に1人が65歳以上の高齢者になる超高齢社会をむかえるわが国においては、建設・医療・福祉関連業界をはじめ、どこの企業においても優遇される資格です。

ホームヘルパーと並び、福祉の分野では数少ない「受験資格がなくても受けられる」資格試験です。そういった意味では、広く誰でも挑戦することができます。

比較的新しい資格試験で、区分は1級から3級までの3段階となっています。そのなかでも3級試験は、マークシートによる五肢択一式で、3級テキストに登場する知識と、それを理解した上での応用力が問われています。

まだまだ知名度も低く、実際は単独では活用しづらい資格ではありますが、社会のニーズという点から考えるとこれから将来性の豊かな検定資格といえます。介護保険制度のスタートによって、在宅介護の増加も見込まれており、福祉住環境コーディネーターへの需要も今後高まってゆくと予想されます。

なお、2級試験は難易度が高く、住環境の設計実務に携わっている人でなければなかなか合格できないのが現状です。取得すれば大きなアピールになりますが、とりあえず現状では、3級合格でも十分といえます。


40日で合格するための学習
まず、試験実施団体が指定しているテキストが市販されていますので、これに沿って勉強していくことになります。

予備校などで対策講座を開いていたり、通信講座が設けられていたりするので、これらを利用する手もありますが、3級レベルではそこまでしなくても、独学でも十分合格可能です。

学習の際には、基礎知識の習得に一番力を入れてください。試験問題のほとんどがこのテキストから出題されます。指定テキストの内容をしっかりとマスターできれば、合格は近づいてきます。

あとは、問題演習で「考える力」を養います。他の試験と違って、「丸暗記」するよりも「理解」の方が重要になってきます。
この記事を見た人は、一緒にこんな記事も読んでいます!


メニュー表示